2006年10月18日

誰のための認定NPO?

「税優遇だけど審査厳格 負担重く
国のお墨付きNPOソッポ!?」

日本経済新聞10月17日(火)夕刊19面にこんなタイトルの記事を見つけました。
写真付き5段抜き記事で大きな扱い。
寄付者による税制面での優遇が認められる「認定NPO」は現在48件。
2万8000団体中の48件という数字にはいまさら驚いたりしませんが、申請事態が5年間で100件しかないのは初めて知りました。

それというのも、認定基準が高く、審査が厳格で、審査条件を満たしていても制度や手続きが煩雑で手間がかかりすぎるから。
ユニセフやフォスター・プラン協会のように資金力のあるところはともかく、申請のためだけにプロを雇ってチームを組むなんて日本のNPOでは無理ですよね……。
かえって思いがけない消費税(電話募金は情報の購入なんですって)や法人税(寄付切手を収益とみなすとか)を支払うはめになったりすることもあるそうで。
膨大な書類を調えて国税局と時間をかけてやりとりするなんて、企業じゃないんだから無茶言うなと言いたくなります。
それとも審査のためだけに監査法人や税理士を雇うお金を出せと?

そこまでして申請しても、審査が通る可能性は低いし、認定期間はたったの2年間。
また2年後には再申請しなくてはなりません。
認定NPOの話がICANで立ち消えになったのも無理ありません。
今だってスタッフはオーバーワークなのに。
一度は認定NPOになっても、「申請の手間がかかりすぎて本来の活動を阻害する」ことを理由に再申請しないところもあるくらいです。
ほんとお役所って……!
暴力団などがNPOが違法な資金集めをしないようにということで厳しいらしいですが、カネと人脈のないNPOなんか信用しないよ、って言われているみたいで嫌ですね〜。
posted by あずき at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

ニュースレター

会報に引き続き、フィリピンのICAN事務局からエアメールでニュースレターが届きました。
まだ自分がどこの学校のどの学年の里親になったのかはわかりませんが、現地の状況や事業の進捗について詳しい情報が載っていました。
1事業のニュースなのにカラーで6Pとかなりのボリュームです。
地図や写真もカラーで見やすいし、現地パートナーのバライからのメッセージなど、初回らしく盛りだくさんな内容です。
バゴイングド学校の紹介があったのですが、封筒に「バゴイングド」と端っこに書いてあって、もしかして、この学校が私の担当なのかも。

読み応えのあるニュースレターをいただけたのは嬉しいのですが、カラープリンタ用インクやエアメールなど費用がかかるんじゃないかと思うと恐縮してしまいます。
期間限定でWEBからダウンロードできたらいいのになあ。

今日、ICAN公式サイトを見たら、ピキットの里親が定員に達したそうです。
10月6日のブログではあと2名たりないとあったので、ひとまず、よかったよかった。
posted by あずき at 22:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

アイキャンだより42号

アイキャンだより42号が届きました。
上半期の事業報告によると、ピキットの里親事業では、やはり扮装のためにスタッフが地域に入れないようで、後期に期待したいと思います。

レイテ島(地すべり)支援の内容や会計報告もあって、きちんと報告してもらうと安心して次もお願いしようという気持ちになれます。
地すべり以降、大きな災害や扮装があってもう日本では忘れられかけているレイテ島ですが、スタッフの方は本当に大変だったろうなあ。
ブログも毎日びっしり書いてあって、現地情報があるとはいえ、会報のかたちでまとまるとまた違いますね。
ピキットにスタッフが入れるようになって現地の様子が知らされるのが待ち遠しいです。
posted by あずき at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。