2006年01月02日

プログレスリポート 7.財政的な状況

現在、の姉は仕事を失い、もうひとつの仕事を探しています。
一家には全ての資産があり、彼らは彼らの普通の収入を持っています。
そして、彼らはの学校プロジェクトを支持しました。
学校が現在のために必要とする他はまだ高校にあります。
しかし、私のインタビューの間、夫妻は彼らが単独での大学進学を支えることができないと私に話しました。
なぜなら、彼らには学校に行く出費のかかる彼ら自身の子供たちがいるのに、大学生は非常に費用がかかります。
そういうわけで、夫婦は彼女の里親が彼女を大学に行かせる際にをまだ助けるかどうか尋ねています。
彼女の里親が最小の予算でさえ大学で彼女を助け続けるならば、彼らは次の学校年度2006〜2007の間カレッジにを送ることができます。
posted by あずき at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。